Part 2 Section E.1. Capital Budgeting Process 資本予算プロセス

Capital Budgeting Process Overview 資本予算プロセス概要

  • the Net Present Value Method
  • the Internal Rate of Return Method
  • the Payback Method
  • the Discount Payback Method
  • the Accrual Accounting Rate of Return Method

資本予算問題に使える公式

キャッシュフローの公式

\( \displaystyle \bf NCF = OI \times (1 – t) + Dep. \)
\( \displaystyle \bf NCF = (CIF – COF) \times (1 – t) + Dep. \times t \)

Where:
NCF = Net cash flow
OI = Operating income
CIF = Cash in flow
COF = Cash out flow
t = Marginal tax rate
Dep. = Depreciation

ネットキャッシュフローは、①税引後営業利益+償却費②税引後CF+償却費のタックスシールド のいずれかで計算される

NCF3434
 ①ATOI+Dep②ATCF+TS
現金売上高100100
現金費用-50-50
償却費-10
営業利益4050
法人税(40%)-16-20
純利益2430
償却費1010
タックスシールド4
 100%60%40%
現金売上高1006040
現金費用-50-30-20
償却費1064
営業利益402416

Time Value of Money 貨幣の時間価値

PV of 1$ 現価係数

\( \displaystyle \bf PV = \frac{1}{(1 + r)^n} \)

Where:
PV = Present Value Interest Factor
r = Interest rate
n = Number of period

PV of a 1$ Ordinary Annuity  年金現価係数

\( \displaystyle \bf PVA= \frac{(1 + r)^n – 1}{r \times (1 + r)^n} \)

Where:
PVA = Present Value Interest Factor of Annuity
r = Interest rate
n = Number of period

FP3級、2級「6つの係数」の覚え方!試験対策は超簡単!
6つの計算式はFP(ファイナンシャルプランナー)3級、2級で頻出のトピックなので、覚えておきたいです。一見難解に見える6つの係数ですが、内容を整理してみると意外とわかりやすいものです。過去に出題されたFP3級、FP2級の6つの係数に関する問題と解説も載せていますので、ぜひ参考にしてみてください!

コメント