Part 2 Section C.2. CVP Decision Making CVP分析による業務的意思決定

Choosing between Two Cost Options

コミッションセールスの例題 - 固定費と変動費の均衡点を求めさせるパターン

英語表現で、indifferent な売上高を求めよ! と問われたらこの形式

前提条件

The average sales for $35,000
Sales personnel 45 employed

6% commission
VS
$2,000 salary per month + 3% commission

Solution 解答

C = 0.06S
C= (2,000 × 45) + 0.03S

0.06S = 90,000 + 0.03S
S = $3,000,000

Choosing between Two Production Options

2種類の製品の利益が同額になるそれぞれの売上高(売上数量)を求めさせるパターン

 → 売上利益からなる二元一次連立方程式を解く。

製品A製品B
Selling Price$800.00$680.00
Variable Cost$350.00$330.00
Contribution
Margin
$450.00$350.00
Fixed Cost$375,000$330,000

売上式:800A = 680B
利益式:450A – 375,000 = 350B – 330,000

A = 1,962
B = 2,308

両方の利益額を等しくするたったひとつの売上数量を求めさせるパターン

→変数が売上数量の1つになったので、利益式だけで解ける

450Q – 375,000 = 350Q – 300,000
Q = 750

Using Fixed versus Variable Inputs

既存の製造装置と新規の製造装置の収益性(経済性)を等しくする生産量を求めさせるパターン

既存の機械装置は維持費がかかる。新しい機械装置は減価償却費負担が増える。

高い変動費比率+低い固定費の製品と、低い変動費比率+高い固定費の製品の利益を等しくする売上数量(生産数量)を求める

→ determine the indifferent point

NewExisting
variable cost$0.50 per unit$2.50 per unit
Fixed cost$25,000$10,000

0.5Q +25,000 = 2.5Q + 10,000
2.0Q = 15,000
Q = 7,500

Product-Mix Decisions under Constraints

制約条件単位当たりの貢献利益率の高いものを選ばせるパターン

製品A製品B
Selling Price$450.00$600.00
Variable Cost$200.00$300.00
Contribution
Margin
$250.00$300.00
Machine hour/unit2.00h/u4.00h/u

製品A:$250 ÷ 2h = $125/h
製品B:$300 ÷ 4h = $75/h

よって、製品Aの生産を優先する

コメント