米国公認管理会計士 USCMA の試験概要

米国公認管理会計士 USCMA の試験概要受験情報

米国公認管理会計士 USCMA の受験概要

受験資格

  • 4年制大学卒業の学位が必要。USCPAとは異なり、学部は特に問われない。

試験科目

2科目から構成され、科目合格制。

  • Part1: Financial Planning, Performance and analytics (財務計画、業績管理と分析)
  • Part2: Strategic Financial Management (戦略的財務管理)

Part1、Part2のどちらの科目から受験してもかまわない。

合格率

  • 世界平均で、Part1: 40%、Part2: 50%

試験方式

  • 会場型コンピュータ試験(CBT方式)
  • 各科目「四肢択一問題(Multiple choice)100題」+「記述問題(Essay)2題」

試験時間

  • 各科目ごとに 4時間
  • Multiple choice: 3時間 + Essay:1時間
  • Essayに進むためには、Multiple choice で約半分の正答率が必要
  • Multiple choice を3時間以内で終了すると、残時間を Essay の試験時間に加算可能

合格経験者および専門学校の講師からのアドバイスとして、Multiple choice を2時間半で終了させ、Essay に1.5時間を割り当てるという時間配分が勧められている。

日本で受験するために

試験日

1-2月、5-6月、9-10月の3つのテストウィンドウから選択

注)2020年5月8日付で、COVID-19の影響を考慮し、本年度についてはテストウインドウの延長処置がなされている。従来の5-6月ウインドウは5-7月、9-10月ウインドウは、8-10月となっている。詳しくは IMA の告知を確認

https://www.imanet.org/cma-certification/getting-started/cma-notice?ssopc=1

受験料

  • 各科目415ドル(2020年3月現在)

試験会場

  • 東京 : 御茶ノ水ソラシティ試験会場
  • 大阪 : 中津試験会場

いずれも、試験運用サービス会社のプロメテックに申し込む。受験の際は、事前にオンライン(Web)か電話による予約が必要。

米国公認管理会計士 | プロメトリック
IMA:米国公認管理会計士試験の受験を考える方々に向けて、プロメトリックでは米国公認管理会計士(Certified Management Accountant)資格試験の最新情報をお届けしています。

試験会場の予約前に必要なこと

  1. IMAに受験申し込みと支払い手続き
    • (Phone) 1-201-573-9000(ext. 301)
    • (Fax) 1-201-573-8438
    • (Eメール) ppayne@imanet.org
    • (Eメール) ppayne@imanet.org
  2. Authorization Letterの確認
  3. 受験時に携行が必要なパスポートの準備
パスポートの申請から受領まで(初めてパスポートを申請するとき等の例)

受験後の流れ

試験結果

  • 受験した月の月末から6週間後に通知
  • 採点は科目ごとに行われ、得点は0から500ポイントのスケールドスコアに換算
  • 合格ラインは各科目360ポイント以上

科目合格の有効期限

  • 申込登録を行ってから3年以内に2科目合格する必要
  • この3年以内の期限は、受験日からではなく、申込登録日から起算

コメント