学習成果説明書 Part 2 Section B 企業財務

学習成果説明書 Part 2 Section B 企業財務受験情報

Learning Outcome Statements 学習成果説明書

米国公認管理会計士(USCMA)の試験を受験にするにあたり、シラバスが用意されています。試験範囲のそれぞれのセクションごとに、マスターすべき内容とその達成水準が具体的に示されています。

Learning Outcome Statements として、IMAのホームページからダウンロードすることができます。

https://www.imanet.org/cma-certification/taking-the-exam?ssopc=1

上記ページの右下に「Click Here for the Learning Outcome Statements」のリンクがあり、ここからダウンロード(PDF)することができます。

初めて受験にチャレンジする方、最初はちょっと英語はどうもとっつきにくくて、とお感じの方向けに、非公式ながら、日本語訳をつけてみました。

下記英文は、全て「Effective January 1, 2020」版からセクションごとにそのまま抜粋しています。

Section B. Corporate Finance 企業財務

Section B.1. Risk and return リスクとリターン

The candidate should be able to:

  1. calculate rates of return
  2. identify and demonstrate an understanding of systematic (market) risk and unsystematic (company) risk
  3. identify and demonstrate an understanding of credit risk, foreign exchange risk, interest rate risk, market risk, industry risk, and political risk
  4. demonstrate an understanding of relationship between risk and return
  5. distinguish between individual security risk and portfolio risk
  6. demonstrate an understanding of diversification
  7. define beta and explain how a change in beta impacts a security’s price
  8. demonstrate an understanding of the Capital Asset Pricing Model (CAPM) and calculate the expected risk-adjusted returns using CAPM

受験者は次のことができるようになっていること

  1. 種々のリターンを計算する
  2. システマチックリスク(市場リスク)とアンシステマチックリスク(分散可能リスク)を理解しているかを明らかにして説明する
  3. 信用リスク、為替換算リスク、金利リスク、市場リスク、業界リスク、政治リスクについて理解していることを明らかにして説明する
  4. リスクとリターンの関係について理解していることを示す
  5. 個別の証券のリスクとポートフォリオリスクの違いを見分ける
  6. 分散化を理解していることを示す
  7. ベータを定義し、ベータが変化するとどのように証券価格に影響するかを説明する
  8. 資本資産価格モデル(CAPM)を理解しているかを示し、CAPMを使ってリスク調整後の期待リターンを計算する

Section B.2. Long-term financial management 長期の財務管理

The candidate should be able to:

  1. describe the term structure of interest rates, and explain why it changes over time
  2. define and identify the characteristics of common stock and preferred stock
  3. identify and describe the basic features of a bond such as maturity, par value, coupon rate, provisions for redeeming, conversion provisions, covenants, options granted to the issuer or investor, indentures, and restrictions
  4. identify and evaluate debt issuance or refinancing strategies
  5. value bonds, common stock, and preferred stock using discounted cash flow methods
  6. demonstrate an understanding of duration as a measure of bond interest rate sensitivity
  7. explain how income taxes impact financing decisions
  8. define and demonstrate an understanding of derivatives and their uses
  9. identify and describe the basic features of futures and forwards
  10. distinguish a long position from a short position
  11. define options and distinguish between a call and a put by identifying the characteristics of each
  12. define strike price (exercise price), option premium, and intrinsic value
  13. demonstrate an understanding of the interrelationship of the variables that comprise the value of an option; e.g., relationship between exercise price and strike price, and value of a call
  14. define interest rate and foreign currency swaps
  15. define and identify characteristics of other sources of long-term financing, such as leases, convertible securities, and warrants
  16. demonstrate an understanding of the relationship among inflations in capital structure decisions
  17. determine the weighted average cost of capital and the cost of its individual components
  18. calculate the marginal cost of capital
  19. explain the importance of using marginal cost as opposed to historical cost
  20. demonstrate an understanding of the use of the cost of capital in capital investment decisions
  21. demonstrate an understanding of how income taxes impact capital structure and capital investment decisions
  22. use the constant growth dividend discount model to value stock and demonstrate an understanding of the two-stage dividend discount model
  23. demonstrate an understanding of relative or comparable valuation methods, such as price/earnings (P/E) ratios, market/book ratios, and price/sales ratios

受験者は次のことができるようになっていること

  1. 金利の期間構造を説明し、時間経過とともになぜそれが変化するのかを説明する
  2. 普通株式と優先株式の特徴を定義して明らかにする
  3. 満期期間、平価、クーポンレート(表面利率)、償還条項、転換条項、コベナンツ(特約事項)、発行者や投資家に与えられるオプション、債券発行証書、財務制限条項など、債券の基本的な特徴を明らかにして説明する
  4. 債券発行や資金の再調達戦略を明らかにして妥当額を評価する
  5. 債券、普通株式、優先株式をDCF法を用いて評価する
  6. 債券利息の感応度の指標としてデュレーションを理解しているかを示す
  7. 法人税が資金調達に関わる意思決定にどのように影響するかを説明する
  8. デリバティブ(金融派生商品)とその使用法を定義し、理解しているかを示す
  9. 先物取引と先渡取引の基本的な特徴を明らかにして説明する
  10. ロングポジション(買い持ち)とショートポジション(売り持ち)の違いを識別する
  11. オプション取引を定義し、コールとプットの違いをそれぞれの違いを挙げて識別する
  12. 権利行使価格、オプションプレミアム(保険料)、本質的価値を定義する
  13. オプションに含まれる価値のひとつずつの関係性を理解していることを示す。例:exercise price と strike price (権利行使価格)の関係、コールオプションの価値など
  14. 金利と外国為替のスワップ取引を定義する
  15. その他の長期の資金調達方法、リースや転換証券、ワラントの特徴を定義して明らかにする
  16. インフレーション、金利、金融商品の価格の関係について理解していることを示す
  17. 資本コストを定義し、資本構成に対する意思決定に用いられることを理解しているかを示す
  18. 加重平均資本コスト(WACC)を決定し、それぞれの構成要素のコストを計算する
  19. 限界資本コストを計算する
  20. 実際資本コストに対して、限界資本コストを使用することの重要性を説明する
  21. 資本投資意思決定に資本コストを用いることに対する理解を示す
  22. 法人税が資本構成と資本投資意思決定にどのように影響を及ぼすかに対する理解を示す
  23. 定率成長配当割引モデル(DDM)を株式価値の評価に用い、2段階成長配当割引モデルに対する理解を示す
  24. PER、PBR、PSRといった相対的価値評価手法(マルチプル法)に対する理解を示す

Section B.3. Raising capital 資金調達

The candidate should be able to:

  1. identify the characteristics of the different types of financial markets and exchanges
  2. demonstrate an understanding of the concept of market efficiency, including the strong form, semi-strong form, and weak form of market efficiency
  3. describe the role of the credit rating agencies
  4. demonstrate an understanding of the roles of investment banks, including underwriting, advice, and trading
  5. define initial public offerings (IPOs)
  6. define subsequent/secondary offerings
  7. describe lease financing, explain its benefits and disadvantages, and calculate the net advantage to leasing using discounted cash flow concepts
  8. define the different types of dividends, including cash dividends, stock dividends, and stock splits
  9. identify and discuss the factors that influence the dividend policy of a firm
  10. demonstrate an understanding of the dividend payment process for both common and preferred stock
  11. define share repurchase and explain why a firm would repurchase its stock
  12. define insider trading and explain why it is illegal

受験者は次のことができるようになっていること

  1. 様々な種類の金融市場(証券取引所)の特徴を明らかにする
  2. 効率的市場仮説、ストロング型効率性、セミストロング型効率性、ウィーク型効率性に対する理解を示す
  3. 格付機関の役割を説明する
  4. 引受、助言、取引等、投資銀行の役割を理解しているか示す
  5. 新規公開株(IPO)を定義する
  6. 売出しを定義する
  7. リース金融を説明し、その利点と欠点を説明し、DCF法を用いてリース金融の正味の優位性を計算する
  8. 現金配当、株式配当、株式分割など、種々の株式配当の種類を定義する
  9. 会社の配当政策に影響を及ぼす要素について明らかにしてこれを論じる
  10. 普通株式と優先株式の配当支払いプロセスを理解していることを示す
  11. 自社株買いを定義し、なぜ会社が自社株買いを行うのかを説明する
  12. インサイダー取引を定義し、なぜそれが違法なのかを説明する

Section B.4. Working capital management 運転資本管理

The candidate should be able to:

Working capital
  1. define working capital and identify its components
  2. calculate net working capital
  3. explain the benefit of short-term financial forecasts in the management of working capital
運転資本
  1. 運転資本を定義し、その構成要素を明らかにする
  2. 正味運転資本を計算する
  3. 短期財務予測が運転資本の管理に役立つことを説明する
Cash
  1. identify and describe factors influencing the levels of cash
  2. identify and explain the three motives for holding cash
  3. prepare forecasts of future cash flows
  4. identify methods of speeding up cash collections
  5. calculate the net benefit of a lockbox system
  6. define concentration banking
  7. demonstrate an understanding of compensating balances
  8. identify methods of slowing down disbursements
  9. demonstrate an understanding of disbursement float and overdraft systems
現金
  1. 現金保有水準を決める要因を定義して説明する
  2. 3つの現金保有動機を定義し説明する
  3. 将来キャッシュフロー予測を作成する
  4. 現金回収の早期化手法を明らかにする
  5. ロックボックスシステム導入の正味価値を計算する
  6. 銀行口座の集中を定義する
  7. 歩積預金を理解していることを示す
  8. 現金支払いを遅らせる方法を明らかにする
  9. 支払フロートと当座貸越を理解していることを示す
Marketable securities
  1. identify and describe reasons for holding marketable securities
  2. define the different types of marketable securities, including money market instruments, T-bills, treasury notes, treasury bonds, repurchase agreements, federal agency securities, bankers’ acceptances, commercial paper, negotiable CDs, Eurodollar CDs, and other market securities
  3. evaluate the trade-offs among the variables in marketable security selections, including safety, marketability/liquidity, yield, maturity, and taxability
  4. demonstrate an understanding of the risk and return trade-off
市場性証券
  1. 市場性証券を保有する理由を明らかにして説明する
  2. 短期金融資産、米財務省短期証券、米財務省中期証券、米財務省長期証券、買い戻し契約(レポ取引)、政府機関証券、銀行引受手形、コマーシャルペーパー(CP)、譲渡性預金、ユーロダラー譲渡性預金、その他の市場性証券といった様々な種類の市場性証券を定義する
  3. 安全性、市場性/流動性、イールド(市場利回り)、満期日、税効果など、市場性証券の選択がもたらすトレードオフの差分を評価する
  4. リスクとリターンのトレードオフに対する理解を示す
Accounts receivable
  1. identify the factors influencing the level of receivables
  2. demonstrate an understanding of the impact of changes in credit terms or collection policies on accounts receivable, working capital, and sales volume
  3. define default risk
  4. identify and explain the factors involved in determining an optimal credit policy
売上債権
  1. 売上債権の保有水準に影響を及ぼす要素を明らかにする
  2. 売上債権に対する与信や回収方針などの変化、運転資本や売上規模の変化が及ぼす影響を理解していることを示す
  3. 債務不履行リスク(デフォルトリスク)を定義する
  4. 最適与信条件を決定する要因を明らかにして説明する
Inventory
  1. define lead time and safety stock; identify reasons for carrying inventory and the factors influencing its level
  2. identify and calculate the costs related to inventory, including carrying costs, ordering costs, and shortage (stockout) costs
  3. explain how a just-in-time (JIT) inventory management system helps manage inventory
  4. identify the interaction between high inventory turnover and high gross margin (calculation not required)
  5. demonstrate an understanding of economic order quantity (EOQ) and how a change in one variable would affect the EOQ (calculation not required)
棚卸資産
  1. リードタイムと安全在庫を定義する。在庫を保有する理由と在庫水準を決定する要因を説明する
  2. 在庫保有コストや発注コスト、欠品コストなど、在庫関連コストを明らかにして計算する
  3. ジャストインタイム(JIT)が在庫管理にどのように役立つのかを説明する
  4. 高い在庫回転率と高い在庫粗利の関係性を明らかにする(計算する必要は無し)
  5. 経済的発注量(EOQ)とそれを構成する変数が変わると発注量がどのように変化するのかを理解しているかを明示する(計算する必要は無し)
Short-term credit and working capital cost management
  1. demonstrate an understanding of how risk affects a firm’s approach to its current asset financing policy (aggressive, conservative, etc.)
  2. identify and describe the different types of short-term credit, including trade credit, short-term bank loans, commercial paper, lines of credit, and bankers’ acceptances
  3. estimate the annual cost and effective annual interest rate of not taking a cash discount
  4. calculate the effective annual interest rate of a bank loan with compensating balance requirement and/or a commitment fee
  5. demonstrate an understanding of factoring accounts receivable and calculate the cost of factoring
  6. explain the maturity matching or hedging approach to financing
  7. demonstrate an understanding of the factors involved in managing the costs of working capital
短期負債と運転資本管理
  1. 会社の流動資産に対する資金調達方針が積極的(agressive)または消極的(conservative)になるとどのようなリスクを生むかを理解していることを示す
  2. 買掛金、短期借入、コマーシャルペーパー(CP)、融資限度額、銀行引受手形など、短期の資金調達方法の違いを明らかにして説明する
  3. 現金割引を活用しない場合の資金コストとその実効年利を見積もる
  4. 歩積預金やコミットメントフィーを含んだ銀行借入の実効年利を計算する
  5. 売上債権のファクタリングを理解していることを示し、ファクタリングのコストを計算する
  6. 満期日の組み合わせや満期日までのヘッジ取引といった手法を説明する
  7. 運転資本のコスト管理に関連する要素を理解しているかを示す
General
  1. recommend a strategy for managing current assets that would fulfill a given objective
総合
  1. 与えられた目標を達成する流動資産の管理のための戦略を推奨する

Section B.5. Corporate restructuring 組織再編

The candidate should be able to:

  1. demonstrate an understanding of the following:
    1. mergers and acquisitions, including horizontal, vertical, and conglomerate
    2. leveraged buyout
  2. identify defenses against takeovers (e.g., golden parachute, leveraged recapitalization, poison pill (shareholders’ right plan), staggered board of directors, fair price, voting rights plan, white knight)
  3. identify and describe divestiture concepts such as spin-offs, split-ups, equity carve-outs, and tracking stock
  4. evaluate key factors in a company’s financial situation and determine if a restructuring would be beneficial to the shareholders
  5. identify possible synergies in targeted mergers and acquisitions
  6. value a business, a business segment, and a business combination using discounted cash flow method
  7. evaluate a proposed business combination and make a recommendation based on both quantitative and qualitative considerations

受験者は次のことができるようになっていること

  1. 以下の項目を理解していることを示す
    1. 合併と取得(M&A)、水平統合、垂直統合、コングロマリット
    2. レバレッジ・バイアウト
  2. 敵対的買収に対する防御策を明らかにする(ゴールデン・パラシュート、負債による資本再編、ポイズンピル(毒薬条項、株主権計画)、取締役の改選時期ずらし(スタッガード・ボード)、適正価格、議決権計画、ホワイトナイト(白馬の騎士))
  3. スピンオフ、スプリットアップ、カーブアウト、トラッキングストックなど、会社分割に関する概念を明らかにして説明する
  4. 会社の財務状況における重要事項を評価し、組織再編が株主にとって有益かどうかを決定する
  5. 対象とするM&Aがシナジーを生む可能性を明らかにする
  6. 事業、事業セグメント、事業の組み合わせをDCF法を用いて評価する
  7. 提案された事業再編を評価し、定量・定性評価に基づいた推奨をする

Section B.6. International finance 国際金融

The candidate should be able to:

  1. demonstrate an understanding of foreign currencies and how foreign currency affects the prices of goods and services
  2. identify the variables that affect exchange rates
  3. calculate whether a currency has depreciated or appreciated against another currency over time, and evaluate the impact of the change
  4. demonstrate how currency futures, currency swaps, and currency options can be used to manage exchange rate risk
  5. calculate the net profit/loss of cross-border transactions, and evaluate the impact of this net profit/loss
  6. recommend methods of managing exchange rate risk and calculate the net profit/loss of your strategy
  7. identify and explain the benefits of international diversification
  8. identify and explain common trade financing methods, including cross-border factoring, letters of credit, banker’s acceptances, forfaiting, and countertrade

受験者は次のことができるようになっていること

  1. 外国為替と外国為替換算が製商品・サービスの価格にどのように影響を与えるかについて理解を示す
  2. 為替レートに影響を及ぼす要因を明らかにする
  3. ある通貨が別の通貨に対して、時間の経過とともに過大または過小に評価されるかを計算し、為替レートの変化の影響度合いを評価する
  4. 通貨先物、通貨スワップ、通貨オプションが為替レートリスクを管理するためにどのように使われ得るのかを説明する
  5. 国際的な取引における正味の損益を計算し、この正味の損益が与える影響度合いを評価する
  6. 為替レートリスクを管理する手法を推奨し、その推奨された手法の正味の為替差損益を計算する
  7. 国際的な分散化の利点について明らかにして説明する
  8. 一般的な貿易金融の手法を明らかにして説明する。国際的ファクタリング、銀行信用状、銀行引受手形、フォーフェイティング、バーター取引など

コメント