学習成果説明書 Part 1 Section D 原価管理

学習成果説明書 Part 1 Section D 原価管理受験情報

Learning Outcome Statements 学習成果説明書

米国公認管理会計士(USCMA)の試験を受験にするにあたり、シラバスが用意されています。試験範囲のそれぞれのセクションごとに、マスターすべき内容とその達成水準が具体的に示されています。

Learning Outcome Statements として、IMAのホームページからダウンロードすることができます。

https://www.imanet.org/cma-certification/taking-the-exam?ssopc=1

上記ページの右下に「Click Here for the Learning Outcome Statements」のリンクがあり、ここからダウンロード(PDF)することができます。

初めて受験にチャレンジする方、最初はちょっと英語はどうもとっつきにくくて、とお感じの方向けに、非公式ながら、日本語訳をつけてみました。

下記英文は、全て「Effective January 1, 2020」版からセクションごとにそのまま抜粋しています。

Section D. Cost Management 原価管理

Section D.1. Measurement concepts 測定概念

The candidate should be able to:

  1. calculate fixed, variable, and mixed costs and demonstrate an understanding of the behavior of each in the long and short term and how a change in assumptions regarding cost type or relevant range affects these costs
  2. identify cost objects and cost pools and assign costs to appropriate activities
  3. demonstrate an understanding of the nature and types of cost drivers and the causal relationship that exists between cost drivers and costs incurred
  4. demonstrate an understanding of the various methods for measuring costs and accumulating work-in-process and finished goods inventories
  5. identify and define cost measurement techniques such as actual costing, normal costing, and standard costing; calculate costs using each of these techniques; identify the appropriate use of each technique; and describe the benefits and limitations of each technique
  6. demonstrate an understanding of variable (direct) costing and absorption (full) costing and the benefits and limitations of these measurement concepts
  7. calculate inventory costs, cost of goods sold, and operating profit using both variable costing and absorption costing
  8. demonstrate an understanding of how the use of variable costing or absorption costing affects the value of inventory, cost of goods sold, and operating profit
  9. prepare summary income statements using variable costing and absorption costing
  10. determine the appropriate use of joint product and by-product costing
  11. demonstrate an understanding of concepts such as split-off point and separable costs
  12. determine the allocation of joint product and by-product costs using the physical measure method, the sales value at split-off method, constant gross profit (gross margin) method, and the net realizable value method; describe the benefits and limitations of each method

受験者は次のことができるようになっていること

  1. 固定費、変動費、混合原価を計算し、長期と短期それぞれにおける原価発生状況、コストの種類や正常操業圏に対する想定が変わるとコストにどのような影響を及ぼすことになるのかについて理解を示す
  2. 原価計算対象・原価集計単位を明らかにし、適切な活動に原価を割り当てる
  3. コストドライバーの性質と種類、コストドライバーと発生原価の間に存在する因果関係に対する理解を示す
  4. 原価の測定、仕掛品や完成品在庫の集計に関する様々な手法に対する理解を示す
  5. 実際原価、正常原価、標準原価といった原価測定技法を明らかにして定義し、それらの技法を用いて原価計算を行い、それぞれの技法の適切な使用法を明らかにし、それぞれの技法の利点と限界を説明する
  6. 変動原価計算(直接原価計算)、全部原価計算および、それらの測定における概念に対する利点と限界に関する理解を示す
  7. 変動原価計算と全部原価計算の両方を用いて、棚卸資産、売上原価、営業利益を計算する
  8. 変動原価計算を用いるか、全部原価計算を用いるかで、棚卸資産、売上原価、営業利益がどのように影響を受けるかに対する理解を示す
  9. 変動原価計算と全部原価計算を用いて、要約損益計算書を作成する
  10. 連結原価(連産品原価)と副産物原価を適切な方法で決定する
  11. 分離点(スプリットオフ)や個別費といった概念に対する理解を示す
  12. 物量基準、相対市価基準、正常粗利率基準、正味実現可能価額基準(分離点推定市価基準)などを用いて、連結原価(連産品原価)の配賦額や副産物原価を決定する

Section D.2. Costing systems 原価計算制度

For each accumulation system identified (job order costing, process costing, activity-based costing, life-cycle costing), the candidate should be able to:

  1. define the nature of the system, understand the cost flows of the system, and identify its appropriate use
  2. calculate inventory values and cost of goods sold
  3. demonstrate an understanding of the proper accounting for normal and abnormal spoilage
  4. discuss the strategic value of cost information regarding products and services, pricing, overhead allocations, and other issues
  5. identify and describe the benefits and limitations of each cost accumulation system
  6. demonstrate an understanding of the concept of equivalent units in process costing and calculate the value of equivalent units
  7. define the elements of activity-based costing such as cost pool, cost driver, resource driver, activity driver, and value-added activity
  8. calculate product cost using an activity-based system and compare and analyze the results with costs calculated using a traditional system
  9. explain how activity-based costing can be utilized in service firms
  10. demonstrate an understanding of the concept of life-cycle costing and the strategic value of including upstream costs, manufacturing costs, and downstream costs

それぞれの原価計算制度(個別原価計算、総合原価計算、活動基準原価計算、ライフサイクル原価計算)において、受験者は次のことができるようになっていること

  1. 原価計算制度の性質を定義し、原価計算制度におけるコストフローを理解し、適切な原価計算制度の使用法を明らかにする
  2. 期末棚卸資産と売上原価を計算する
  3. 正常仕損と異常仕損の適切な会計処理に対する理解を示す
  4. 製品とサービス、値付け、共通費の配賦、その他の論点に関する原価情報の戦略的価値を論じる
  5. それぞれの原価計算制度の利点と限界を明らかにして説明する
  6. 総合原価計算における完成品換算数量の概念に対する理解を示し、完成品換算数量を計算する
  7. 活動基準原価計算におけるコストプール、コストドライバー、リソースドライバー、アクティビティドライバー、付加価値活動といった要素を定義する
  8. 活動基準原価計算を用いて製品原価を計算し、伝統的原価計算の結果と比較・分析する
  9. どのようにサービス会社でも活動基準原価計算が活用され得るのかを説明する
  10. ライフサイクル原価計算の概念、製造前コスト・製造後コストの戦略的価値に対する理解を示す

Section D.3. Overhead costs 間接費

The candidate should be able to:

  1. distinguish between fixed and variable overhead expenses
  2. determine the appropriate time frame for classifying both variable and fixed overhead expenses
  3. demonstrate an understanding of the different methods of determining overhead rates, e.g., plant-wide rates, departmental rates, and individual cost driver rates
  4. describe the benefits and limitations of each of the methods used to determine overhead rates
  5. identify the components of variable overhead expense
  6. determine the appropriate allocation base for variable overhead expense
  7. calculate the per unit variable overhead expense
  8. identify the components of fixed overhead expense
  9. identify the appropriate allocation base for fixed overhead expense
  10. calculate the fixed overhead application rate
  11. describe how fixed overhead can be over- or under-applied and how this difference should be accounted for in the cost of goods sold, work-in-process, and finished goods accounts
  12. compare and contrast traditional overhead allocation with activity-based overhead allocation
  13. calculate overhead expense in an activity-based costing setting
  14. identify and describe the benefits derived from activity-based overhead allocation
  15. explain why companies allocate the cost of service departments such as Human Resources or Information Technology to divisions, departments, or activities
  16. calculate service or support department cost allocations using the direct method, the reciprocal method, the step-down method, and the dual allocation method
  17. estimate fixed costs using the high-low method demonstrate an understanding of how regression can be used to estimate fixed costs

受験者は次のことができるようになっていること

  1. 固定製造間接費と変動製造間接費を仕分ける
  2. 固定製造間接費と変動製造間接費を選別するために適切な期間を決定する
  3. 工場別、部門別、個人別といった製造間接費の配賦レートの決定方法の違いに対する理解を示す
  4. 製造間接費の配賦レートの決定に用いられるそれぞれの方式の利点と限界を説明する
  5. 変動製造間接費の構成要素を明らかにする
  6. 変動製造間接費の適切な配賦基準を決定する
  7. 製品単位当たりの変動製造間接費を計算する
  8. 固定製造間接費の構成要素を明らかにする
  9. 固定製造間接費の適切な配賦基準を明らかにする
  10. 固定製造間接費の配賦レートを計算する
  11. 固定製造間接費の超過配賦・過小配賦がどのようにして発生するか、この違いが売上原価・仕掛品原価・完成品原価にどのように反映されるべきかを説明する
  12. 伝統的な製造間接費の配賦基準と、活動基準の製造間接費の配賦方法の違いを比較して明らかにする
  13. 活動基準による製造間接費の配賦金額を計算する
  14. 活動基準による製造間接費の配賦がもたらす利点を明らかにして説明する
  15. なぜ企業が人事部や情報システム部の部門費を直接部門や活動に配賦するのかを説明する
  16. 補助部門や間接部門の部門費を、直接配賦法・相互配賦法・階梯式配賦法、複数基準配賦法を用いて計算する
  17. 高低点法を用いて固定費発生額を見積り、どのようにして回帰分析を用いて固定費予測がなされ得るのかに対する理解を示す

Section D.4. Supply chain management サプライチェーンマネジメント

The candidate should be able to:

  1. explain supply chain management
  2. define lean resource management techniques
  3. identify and describe the operational benefits of implementing lean resource management techniques
  4. define material requirements planning (MRP)
  5. identify and describe the operational benefits of implementing a just-in-time (JIT) system
  6. identify and describe the operational benefits of enterprise resource planning (ERP)
  7. explain the concept of outsourcing and identify the benefits and limitations of choosing this option
  8. demonstrate a general understanding of the Theory of Constraints
  9. identify the five steps involved in Theory of Constraints analysis
  10. define throughput costing (super-variable costing) and calculate inventory costs using throughput costing
  11. define and calculate throughput contribution
  12. describe how capacity level affects product costing, capacity management, pricing decisions, and financial statements
  13. explain how using practical capacity as the denominator for the fixed cost allocation rate enhances capacity management
  14. calculate the financial impact of implementing the above-mentioned methods

受験者は次のことができるようになっていること

  1. サプライチェーンマネジメントを説明する
  2. リーンマネジメントの技法を定義する
  3. リーンマネジメント導入の実務的な利点を明らかにして説明する
  4. 資材所要量計画(MRP)を定義する
  5. ジャストインタイム生産システム(JIT)導入の実務的な利点を明らかにして説明する
  6. 企業資源計画(ERP)の実務的な利点を明らかにして説明する
  7. アウトソーシングの概念を説明し、アウトソーシングを選択した際の利点と限界を明らかにする
  8. 制約理論(TOC)の一般的概念を説明する
  9. 制約理論(TOC)分析を実施する際の5つの手順を明らかにする
  10. スループット会計を用いて、スループット原価(超変動原価)と在庫を定義する
  11. スループット貢献利益を定義して計算する
  12. 生産能力(キャパシティ)レベルが製造原価、生産能力管理、値決め、財務諸表にどのように影響するかを説明する
  13. 製造固定費の配賦レート計算式の分母として用いられる現実的生産能力が、どのように生産能力管理を促進するのかを説明する
  14. 上記の手法の導入が財務諸表に与えるインパクトを計算する

Section D.5. Business process improvement 業務改善

The candidate should be able to:

  1. define value chain analysis
  2. identify the steps in value chain analysis
  3. explain how value chain analysis is used to better understand a firm’s competitive advantage
  4. define, identify, and provide examples of a value-added activity and explain how the value-added concept is related to improving performance
  5. demonstrate an understanding of process analysis and business process reengineering, and calculate the resulting savings
  6. define best practice analysis and discuss how it can be used by an organization to improve performance
  7. demonstrate an understanding of benchmarking process performance
  8. identify the benefits of benchmarking in creating a competitive advantage
  9. apply activity-based management principles to recommend process performance improvements
  10. explain the relationship among continuous improvement techniques, activity-based management, and quality management
  11. explain the concept of continuous improvement and how it relates to implementing ideal standards and quality improvements
  12. describe and identify the components of the costs of quality, commonly referred to as prevention costs, appraisal costs, internal failure costs, and external failure costs
  13. calculate the financial impact of implementing the above-mentioned processes
  14. identify and discuss ways to make accounting operations more efficient, including process walkthroughs, process training, identification of waste and overcapacity, identifying the root cause of errors, reducing the accounting close cycle (fast close), and shared services

受験者は次のことができるようになっていること

  1. バリューチェーン分析を定義する
  2. バリューチェーン分析における手順を明らかにする
  3. バリューチェーン分析が企業の競争優位に対するよりよき理解にどのようにして役立つのかを説明する
  4. 付加価値活動に対する定義、明確化、例示を行い、付加価値概念がどのように業績改善に関係しているかを説明する
  5. プロセス分析とプロセス・リエンジニアリング(業務再構築)に対する理解を示し、コスト改善額を計算する
  6. ベストプラクティス分析を定義し、組織がベストプラクティス分析を業績改善にどのように活用できるのかを論じる
  7. ベンチマークによる業績評価に対する理解を示す
  8. 競争優位を形成するためにベンチマークを用いる利点を明らかにする
  9. 業務改善を推奨するために、活動基準管理(ABM)の原理を適用する
  10. ”カイゼン”のための手法、活動基準管理(ABM)、品質管理の関連性を説明する
  11. ”カイゼン”の概念と、”カイゼン”が理想標準原価と品質改善にどのように関連しているのかを説明する
  12. 予防原価、評価原価、内部失敗原価、外部失敗原価といった品質原価の構成要素を明らかにして説明する
  13. 上記の業務改善の導入が財務諸表に与えるインパクトを計算する
  14. 会計処理をもっと効率的にする方法を明らかにして論じる。ウォークスルー、トレーニング、作業の無駄と超過作業能力、エラーの真因探し、決算早期化、シェアードサービスなどを含む

↓ 日本人による手前味噌かもしれませんが、原価計算は、エリヤフ・ゴールドラット博士による制約理論(theory of constraints)以外は、ドイツ由来の日本製の方が優れているように思います。

コメント