学習成果説明書 Part 2 Section C 意思決定分析

学習成果説明書 Part 2 Section C 意思決定分析受験情報

Learning Outcome Statements 学習成果説明書

米国公認管理会計士(USCMA)の試験を受験にするにあたり、シラバスが用意されています。試験範囲のそれぞれのセクションごとに、マスターすべき内容とその達成水準が具体的に示されています。

Learning Outcome Statements として、IMAのホームページからダウンロードすることができます。

https://www.imanet.org/cma-certification/taking-the-exam?ssopc=1

上記ページの右下に「Click Here for the Learning Outcome Statements」のリンクがあり、ここからダウンロード(PDF)することができます。

初めて受験にチャレンジする方、最初はちょっと英語はどうもとっつきにくくて、とお感じの方向けに、非公式ながら、日本語訳をつけてみました。

下記英文は、全て「Effective January 1, 2020」版からセクションごとにそのまま抜粋しています。

Section C. Decision Analysis 意思決定分析

Section C.1. Cost/volume/profit analysis CVP分析

The candidate should be able to:

  1. demonstrate an understanding of how cost/volume/profit (CVP) analysis (breakdown analysis) is used to examine the behavior of total revenues, total costs, and operating income as changes occur in output levels, selling prices, variable cost per unit, or fixed costs
  2. calculate operating income at different operating levels
  3. differentiate between costs that are fixed and costs that are variable with respect to levels of output
  4. explain why the classification of fixed vs. variable costs is affected by the time frame being considered
  5. calculate contribution margin per unit and total contribution margin
  6. calculate the breakeven point in units and dollar sales to achieve targeted operating income or targeted net income
  7. demonstrate an understanding of how changes in unit sales mix affect operating income in multiple-product situations
  8. calculate multiple-product breakeven points given percentage share of sales and explain why there is no unique breakeven point in multiple-product situations
  9. define, calculate, and interpret the margin of safety and the margin of safety ratio
  10. explain how sensitivity analysis can be used in CVP analysis when there is uncertainty about sales
  11. analyze and recommend a course of action using CVP analysis
  12. demonstrate an understanding of the impact of income taxes on CVP analysis

受験者は次のことができるようになっていること

  1. アウトプット水準、売価、変動費単価、固定費発生額の変化によって売上高・コスト・営業利益がどのように変化するかをCVP分析(損益分岐点分析)を用いることで検証できることを理解しているかを示す
  2. 様々な営業活動レベルごとに営業利益を計算する
  3. 営業活動レベルの視点から、固変分解を行う
  4. 固定費と変動費の識別が考慮される時間軸の長短によってなぜ左右されかを説明する
  5. 単位当たり貢献利益と貢献利益総額を計算する
  6. 目標営業利益、目標純利益を達成することができる損益分岐点売上数量、損益分岐点売上高を計算する
  7. 複数製品を扱っている状況で、販売ミックスの変化がどのように営業利益に影響を及ぼすかについて理解していることを示す
  8. 所与の販売ミックスで複数製品からなる損益分岐点を計算し、複数製品を扱っている場合、なぜ唯一解としての損益分岐点を求めることができないのかについて説明する
  9. 安全余裕度、安全余裕率について定義し、計算し、これを解釈する
  10. 売上高予測において不確実性がある場合、どうやって感度分析をCVP分析の中で実行するかを説明する
  11. CVP分析の手順を分析し、推奨する
  12. CVP分析における法人税の影響を理解しているかを示す

Section C.2. Marginal analysis 限界分析

The candidate should be able to:

  1. identify and define relevant costs (incremental, marginal, or differential costs), sunk costs, avoidable costs, explicit and implicit costs, split-off point, joint production costs, separable processing costs, and relevant revenues
  2. explain why sunk costs are not relevant in the decision-making process
  3. demonstrate an understanding of and calculate opportunity costs
  4. calculate relevant costs given a numerical scenario
  5. define and calculate marginal cost and marginal revenue
  6. identify and calculate total cost, average fixed cost, average variable cost, and average total cost
  7. demonstrate proficiency in the use of marginal analysis for decisions such as (i) introducing a new product or changing output levels of existing products; (ii) accepting or rejecting special orders; (iii) making or buying a product or service; (iv) selling a product or performing additional processes and selling a more value-added product; and (v) adding or dropping a segment
  8. calculate the effect on operating income of a decision to accept or reject a special order when there is idle capacity and the order has no long-run implications
  9. identify and describe qualitative factors in making-or-buy decisions, such as product quality and dependability of suppliers
  10. calculate the effect on operating income of a make-or-buy decision
  11. calculate the effects on operating income of a decision to sell or process further or to drop or add a segment
  12. identify the effects of changes in capacity on production decisions
  13. demonstrate an understanding of the impact income taxes on marginal analysis
  14. recommend a course of action using marginal analysis

受験者は次のことができるようになっていること

  1. 増分原価、限界原価、差額原価といった関連原価、埋没原価(サンクコスト)、回避可能原価、明示的原価、暗示的原価、分離点、連結原価、追加加工原価、関連収益のそれぞれについて定義する
  2. 埋没原価がなぜ意思決定において無関連となるのかを説明する
  3. 機会原価に対する理解を示し、これを計算する
  4. 与えられた数量シナリオで関連原価を計算する
  5. 限界コスト、限界収益を定義し、計算する
  6. トータルコスト、平均固定費、平均変動費、平均トータルコストのそれぞれについて定義する
  7. 以下のようなケースにおいて、限界分析を巧みに活用する。(i) 新製品の投入や既存製品の生産量の変更、(ii) 特注の受注可否判断、(iii) 製品やサービスの自製か購買かの判断、(iv) 販売か追加加工(より付加価値の製品提供)かの判断、(v) 事業の追加・廃止の判断
  8. 生産能力の余剰があって、その注文が長期的に継続するものではない場合、その特注の受注可否判断が営業利益に与える影響額を計算する
  9. 自製か購買かの判断における定性的な要素、たとえば製品の品質や受注依存度を明らかにして説明する
  10. 自製か購買かの判断が及ぼす営業利益への影響額を計算する
  11. 販売か追加加工か、事業の追加か廃止かの意思決定が及ぼす営業利益への影響額を計算する
  12. 生産意思決定における生産能力の水準変化の影響を明らかにする
  13. 限界分析における法人税の影響について理解しているかを示す
  14. 限界分析を用いて活動プランの選択を推奨する

Section C.3. Pricing 値付け

The candidate should be able to:

  1. identify different pricing methodologies, including market comparables, cost-based, and value-based approaches
  2. differentiate between a cost-based approach (cost-plus pricing, mark-up pricing) and a market-based approach to setting prices
  3. calculate selling price using cost-based approach
  4. demonstrate an understanding of how the pricing of a product or service is affected by the demand for and supply of the product or service, as well as the market structure within which it operates
  5. demonstrate an understanding of the impact of cartels on pricing
  6. demonstrate an understanding of the short-run equilibrium price for the firm in (i) pure competition; (ii) monopolistic competition; (iii) oligopoly; and (iv) monopoly using the concepts of marginal revenue and marginal cost
  7. identify techniques used to set prices based on understanding customers’ perceptions of value and competitors’ technologies, product and costs
  8. define and demonstrate an understanding of target pricing and target costing and identify the main steps in developing target prices and target cost
  9. define value engineering
  10. calculate the target operating income per unit and target cost per unit
  11. define and distinguish between a value-added cost and a nonvalue-added cost
  12. define the pricing technique of cost plus target rate of return
  13. calculate the price elasticity of demand using the midpoint formula
  14. define and explain elastic and inelastic demand
  15. estimate total revenue given changes in prices and demand as well as elasticity
  16. discuss how pricing decisions can differ in the short run and in the long run
  17. define product life cycle; identify and explain the four stages of the product life cycle; and explain why pricing decisions might differ over the life of a product
  18. evaluate and recommend pricing strategies under specific market conditions

受験者は次のことができるようになっていること

  1. 様々な値決めの手法を明らかにする。市場比較法、原価基準法、付加価値基準法
  2. コスト基準アプローチ(コストプラス、マークアップ)と市価基準アプローチの違いを見分ける
  3. コスト基準アプローチによる販売価格を計算する
  4. 製品やサービスの販売価格が市場における需給や市場構造にどのように影響を受けるのかを理解していることを示す
  5. 価格カルテルの影響を理解していることを示す
  6. 会社にとっての短期均衡価格を理解していることを示す。(i) 完全競争、(ii) 独占的競争、(iii) 寡占、(iv) 独占
  7. 顧客の価値認知、競合が有している技術・製品・原価構造を理解したうえで価格設定を行う手法を明らかにする
  8. 目標原価基準の売価、目標原価を理解していることを明らかにしてそれぞれを定義し、目標売価・目標原価の設定手順を明らかにする
  9. バリューエンジニアリングを定義する
  10. 目標営業利益単価、目標原価単価を計算する
  11. 付加価値原価と非付加価値原価の違いを明らかにする
  12. コストプラス目標利益率法を定義する
  13. 中間点法を用いて、需要の価格弾力性を計算する
  14. 需要の価格弾力性が弾力的・非弾力的を定義して説明する
  15. 同じ弾力性の条件下で、価格と需要を変化させて総収益を見積もる
  16. 短期と長期とで価格決定のメカニズムが異なることを論じる
  17. 製品のライフサイクルを定義する。4つのステージを明らかにして説明する。製品のライフサイクルの違いで価格決定の判断が異なることを説明する
  18. 特定の市場状況における価格戦略を評価し、最良のものを推奨する

コメント