学習成果説明書 Part 2 Section A 財務諸表分析

学習成果説明書 Part 2 Section A 財務諸表分析受験情報

Learning Outcome Statements 学習成果説明書

米国公認管理会計士(USCMA)の試験を受験にするにあたり、シラバスが用意されています。試験範囲のそれぞれのセクションごとに、マスターすべき内容とその達成水準が具体的に示されています。

Learning Outcome Statements として、IMAのホームページからダウンロードすることができます。

https://www.imanet.org/cma-certification/taking-the-exam?ssopc=1

上記ページの右下に「Click Here for the Learning Outcome Statements」のリンクがあり、ここからダウンロード(PDF)することができます。

初めて受験にチャレンジする方、最初はちょっと英語はどうもとっつきにくくて、とお感じの方向けに、非公式ながら、日本語訳をつけてみました。

下記英文は、全て「Effective January 1, 2020」版からセクションごとにそのまま抜粋しています。

Section A. Financial Statement Analysis 財務諸表分析

Section A.1. Basic financial statement analysis 財務諸表分析の基礎

The candidate should be able to:

  1. for the balance sheet and income statement, prepare and analyze common-size financial statements; i.e., calculate percentage of assets and sales, respectively; also called vertical analysis
  2. for the balance sheet and income statement, prepare a comparative financial statement horizontal analysis; i.e., calculate trend year over year for every item on the financial statement compared to a base year
  3. calculate the growth rate of individual line on the balance sheet and income statement

受験者は次のことができるようになっていること

  1. 貸借対照表と損益計算書において、同比率財務諸表を作成して分析する。例:総資産構成比率、売上高構成比率を計算する。垂直的分析とも呼ばれる
  2. 貸借対照表と損益計算書において、水平的財務諸表比較を作成する。例:基準年に対する各年ごとの科目別トレンド対比を行う
  3. 貸借対照表と損益計算書における各項目について、成長率を計算する

Section A.2. Financial ratios 財務比率

The candidate should be able to:

Liquidity
  1. calculate and interpret the current ratio; the quick (acid-test) ratio, the cash ratio, the cash flow ratio, and the net working capital ratio
  2. explain how changes in one or more of the elements of current assets, current liabilities, and/or unit sales can change the liquidity ratios and calculate that impact
  3. demonstrate an understanding of the liquidity of current liabilities
流動性
  1. 当座比率(酸性テスト比率)、現金比率、キャッシュフロー比率、運転資本比率を計算して解釈する
  2. 流動資産、流動負債、売上単価の各構成要素の変化がどのように流動比率を変化させ得るのかを説明し、その影響額を計算する
  3. 流動負債の流動性を理解していることを示す
Leverage
  1. define solvency
  2. define operating leverage and financial leverage
  3. calculate degree of operating leverage and degree of financial leverage
  4. demonstrate an understanding of the effect on the capital structure and solvency of a company with a change in the composition of debt vs. equity by calculating leverage ratios
  5. calculate and interpret the financial leverage ratio, and demonstrate the effect of a given change in capital structure on this ratio
  6. calculate and interpret the following ratios: debt-to-equity, long-term debt-to-equity, and debt-to-total assets
  7. define, calculate, and interpret the following ratios: fixed charge coverage (earnings to fixed charges), interest coverage (times interest earned), and cash flow to fixed charges
  8. discuss how capital structure decisions affect the risk profile of a firm
レバレッジ(健全性)
  1. 支払能力(ソルベンシー)を定義する
  2. 経営レバレッジと財務レバレッジを定義する
  3. 経営レバレッジと利益の財務レバレッジを計算する
  4. レバレッジ比率を計算することによって、資本と負債の構成の変化が会社の資本構成と支払能力に影響することを理解しているかを示す
  5. 財務レバレッジを計算して解釈し、この比率に資本構成の変化が与える影響度合いを示す
  6. 以下の比率を計算して解釈する。DEレシオ、長期負債対自己資本比率、負債対総資産比率
  7. 以下の比率を定義し、計算し、解釈する。固定費用カバレッジ・レシオ、インタレスト・カバレッジ・レシオ、固定費用対キャッシュフロー倍率
  8. 資本構成の決定が会社のリスクプロファイルにどのように影響するかを論じる
Activity
  1. calculate and interpret accounts receivable turnover, inventory turnover, and accounts payable turnover
  2. calculate and interpret days sales outstanding in receivables, days sales outstanding in inventory, and days purchases in accounts payable
  3. define and calculate the operating cycle and the cash cycle of a firm
  4. calculate and interpret total assets turnover and fixed asset turnover
効率性
  1. 売上債権回転率、棚卸資産回転率、仕入債務回転率を計算し、解釈する
  2. 売上債権回転日数、棚卸資産回転日数、仕入債務回転日数を計算し、解釈する
  3. 会社の営業サイクルとキャッシュサイクルを定義して計算する
  4. 総資産回転率と固定資産回転率を計算し、解釈する
Profitability
  1. calculate and interpret gross profit percentage, operating profit margin percentage, net profit margin percentage, and earnings before interest, taxes, depreciation, and amortization (EBITDA) margin percentage
  2. calculate and interpret return on assets (ROA) and return on equity (ROE)
収益性
  1. 売上高総利益率、売上高営業利益率、売上高純利益率、EBITDAマージンを計算し、解釈する
  2. ROAとROEを計算し、解釈する
Market
  1. calculate and interpret the market/book ratio and the price/earnings ratio
  2. calculate and interpret book value per share
  3. identify and explain the limitations of book value per share
  4. calculate and interpret basic and diluted earnings per share
  5. calculate and interpret earnings yield, dividend yield, dividend payout ratio, and shareholder return
市場指標
  1. 株価純資産倍率(BPR)、株価収益率(PER)を計算し、解釈する
  2. 一株当たり純資産を計算し、解釈する
  3. 一株当たり純資産の限界を明らかにして説明する
  4. 基本EPS(一株当たり利益)と希薄化EPSを計算し、解釈する
  5. 株式益回り、配当利回り、配当性向、株主総利回りを計算し、解釈する
General
  1. identify the limitations of ratio analysis
  2. demonstrate a familiarity with the sources of financial information about public companies and industry ratio average
  3. evaluate the financial strength and performance of an entity based on multiple ratios
総合
  1. 財務比率分析の限界を明らかにする
  2. 公開企業と業界平均指標の親和性について示す
  3. マルチプルレシオ(倍率指標)に基づく財務的強みと業績を評価する

Section A.3. Profitability analysis 収益性分析

The candidate should be able to:

  1. demonstrate an understanding of the factors that contribute to inconsistent definitions of “equity”, “assets”, and “return” when using ROA and ROE
  2. demonstrate the effect on return on total assets of a change in one or more elements of the financial statements
  3. identify factors to be considered in measuring income, including estimates, accounting methods, disclosure incentives, and the different needs of users
  4. explain the importance of the source, stability, and trend of sales and revenue
  5. demonstrate an understanding of the relationship between revenue and receivables and revenue and inventory
  6. determine and analyze the effect on revenue of changes in revenue recognition and measurement methods
  7. analyze cost of sales by calculating and interpreting the gross profit margin
  8. distinguish between gross profit margin, operating profit margin, and net profit margin and analyze the effects of changes in the components of each
  9. define and perform a variation analysis (percentage change over time)
  10. calculate and interpret sustainable equity growth

受験者は次のことができるようになっていること

  1. ROAとROEを用いる際に、”資本”、”資産”、”リターン”それぞれの定義が異なることによる違いを理解していることを示す
  2. 財務諸表の構成要素の変化がROAに対する影響度合いを説明する
  3. 収益を評価する際に必要な、見積り、会計技法、開示への動機付け、財務諸表のユーザの違いなどの要素を明らかにする
  4. 経営資源、安定性、売上と収益のトレンドの重要性を説明する
  5. 売上高と売上債権、売上高と棚卸資産の関係を理解していることを示す
  6. 収益認識と売上額の測定方法の違いが収益計上に与える影響を決定し、分析する
  7. 売上高総利益率を計算し解釈することで、売上原価を分析する
  8. 売上総利益、営業利益、純利益を見分けて、それぞれの構成要素の違いが与える影響について分析する
  9. バリュエーション分析(構成比の時系列分析)を定義して実行する
  10. 持続可能成長率を計算し、解釈する

Section A.4. Special issues 特論

The candidate should be able to:

  1. demonstrate an understanding of the impact of foreign exchange fluctuations
    1. identify and explain issues in the accounting for foreign operations (e.g., historical vs. current rate and the treatment of transaction gains and losses)
    2. define functional currency
    3. calculate the financial ratio impact of a change in exchange rates
    4. discuss the possible impact on management and investor behavior of volatility in reported earnings
  2. demonstrate an understanding of the impact of inflation on financial ratios and the reliability of financial ratios
  3. describe how to adjust financial statements for changes in accounting treatments (principles, estimates, and errors) and how these adjustments impact financial ratios
  4. distinguish between book value and market value; and distinguish between accounting profit and economic profit
  5. identify the determinants and indicators of earnings quality, and explain why they are important

受験者は次のことができるようになっていること

  1. 外貨換算の変化のインパクトを理解しているかを示す
    1. 在外活動の会計処理における論点、例えば、過去レートか期末日レートか、換算差損益など、を明らかにして説明する
    2. 機能通貨を定義する
    3. 外貨換算レートが変化することが財務比率に与えるインパクトを計算する
    4. 経営者と投資家にとって、会計報告上の利益の変動性の影響度合いが生む蓋然性について論じる
  2. 財務比率の数値と信頼性に対するインフレーションの影響度合いを理解していることを示す
  3. 会計処理(会計原則、会計上の見積り、会計上の誤謬)の変化が財務諸表上でどのように調整されるかを説明する
  4. 簿価と時価の違いを認識する。会計的利益と経済的利益の違いを認識する
  5. 利益の質の決定要因とその指標を明らかにし、なぜそれらが重要なのかを説明する

コメント