学習成果説明書 Part 1 Section C 業績管理

学習成果説明書 Part 1 Section C 業績管理受験情報

Learning Outcome Statements 学習成果説明書

米国公認管理会計士(USCMA)の試験を受験にするにあたり、シラバスが用意されています。試験範囲のそれぞれのセクションごとに、マスターすべき内容とその達成水準が具体的に示されています。

Learning Outcome Statements として、IMAのホームページからダウンロードすることができます。

https://www.imanet.org/cma-certification/taking-the-exam?ssopc=1

上記ページの右下に「Click Here for the Learning Outcome Statements」のリンクがあり、ここからダウンロード(PDF)することができます。

初めて受験にチャレンジする方、最初はちょっと英語はどうもとっつきにくくて、とお感じの方向けに、非公式ながら、日本語訳をつけてみました。

下記英文は、全て「Effective January 1, 2020」版からセクションごとにそのまま抜粋しています。

Section C. Performance Management 業績管理

Section C.1. Cost and variance measures 原価差異

The candidate should be able to:

  1. analyze performance against operational goals using measures based on revenue, manufacturing costs, nonmanufacturing costs, and profit depending on the type of center or unit being measured
  2. explain the reasons for variances within a performance monitoring system
  3. prepare a performance analysis by comparing actual results to the master budget, calculate favorable and unfavorable variances from the budget, and provide explanations for variances
  4. identify and describe the benefits and limitations of measuring performance by comparing actual results to the master budget
  5. analyze a flexible budget based on actual sales (output) volume
  6. calculate the sales-volume variance and the sales-price variance by comparing the flexible budget to the master (static) budget
  7. calculate the flexible-budget variance by comparing actual results to the flexible budget
  8. investigate the flexible-budget variance to determine individual differences between actual and budgeted input prices and input quantities
  9. explain how budget variance reporting is utilized in a management by exception environment
  10. define a standard cost system and identify the reasons for adopting a standard cost system
  11. demonstrate an understanding of price (rate) variances and calculate the price variances related to direct materials and direct labor inputs
  12. demonstrate an understanding of efficiency (usage) variances and calculate the efficiency variances related to direct materials and direct labor inputs
  13. demonstrate an understanding of spending and efficiency variances as they relate to fixed and variable overhead
  14. calculate a sales-mix variance and explain its impact on revenue and condition margin
  15. calculate and explain a mix variance
  16. calculate and explain a yield variance
  17. demonstrate how price, efficiency, spending, and mix variances can be applied in service companies as well as manufacturing companies
  18. analyze factory overhead variances by calculating variable overhead spending variance, variable overhead efficiency variance, fixed overhead spending variance, and production volume variance
  19. analyze variances, identify causes, and recommend corrective actions

受験者は次のことができるようになっていること

  1. 業績評価をうける組織単位の会計責任の種類に応じて、収益、製造原価、非製造原価、利益をベースとした業務目標に対する業績達成度を分析する
  2. 業績モニタリングシステムにおける業績差異の発生理由を説明する
  3. 過去実績とマスタ予算を比較して業績差異分析を実施し、予算に対する不利差異、有利差異を計算し、予算差異に対する説明を行う
  4. 実績とマスタ予算の比較による業績評価の利得と限界について明らかにしながら説明する
  5. 実際売上数量(アウトプット)に基づく変動予算を分析する
  6. 変動予算とマスタ予算(固定予算)を比較して、販売数量差異と販売価格差異を計算する
  7. 実績と変動予算を比較して、変動予算差異を計算する
  8. 実績と予算の価格と数量の差異を確定し、変動予算差異を差異分析する
  9. 例外管理が行われる組織環境にて、どのように予算差異レポートが活用されるのかを説明する
  10. 標準原価制度を定義し、標準原価制度を採用する理由を明らかにする
  11. 価格差異(レート差異)に対する理解を示し、直接材料費と直接労務費に関する価格差異を計算する
  12. 能率差異(消費数量差異)に対する理解を示し、直接材料費と直接労務費に関する能率差異を計算する
  13. 固定製造間接費と変動製造間接費に関する予算差異と能率差異に対する理解を示す
  14. セールスミックス差異を計算し、売上と貢献利益へのインパクトを説明する
  15. 配合差異を計算して説明する
  16. イールド差異(歩留差異)を計算して説明する
  17. 製造会社と同様にサービス会社にも、価格差異、能率差異、予算差異、配合差異がどのように適用されるのかを説明する
  18. 変動製造費予算差異、製造変動費能率差異、製造固定費予算差異、製造固定費操業度差異を計算して、製造間接費差異を分析する
  19. 予算差異分析を行い、差異の発生理由を明らかにし、修正行動を推奨する

Section C.2. Responsibility centers and reporting segments 会計責任単位と報告単位

The candidate should be able to:

  1. identify and explain the different types of responsibility centers
  2. recommend appropriate responsibility centers given a business scenario
  3. calculate a contribution margin
  4. analyze a contribution margin report and evaluate performance
  5. identify segments that organizations evaluate, including product lines, geographical areas, or other meaningful segments
  6. explain why the allocation of common costs among segments can be an issue in performance evaluation
  7. identify methods for allocating common costs such as stand-alone cost allocation and incremental cost allocation

受験者は次のことができるようになっていること

  1. 会計責任単位の様々な種類について明らかにして説明する
  2. 与えられた事業シナリオに対して相応しい会計責任単位を推奨する
  3. 貢献利益を計算する
  4. 貢献利益レポートを分析し、業績評価する
  5. 組織が業績評価を行う製品ライン、地理的区分、その他の意味のある区分を明確にする
  6. なぜ共通費をセグメント間に配賦する頃が業績評価における論点になるかを説明する
  7. スタンドアローン費用(独立採算単位コスト)基準や、増分原価基準のような間接費の配賦基準を明らかにする

Section C.3. Performance measures 業績評価指標

The candidate should be able to:

  1. explain why performance evaluation measures should be directly related to strategic and operational goals and objectives; why timely feedback is critical; why performance measures should be related to the factors that drive the element being measured, e.g., cost drivers and revenue drivers
  2. explain the issues involved in determining product profitability, business unit profitability, and customer profitability, including cost measurement, cost allocation, investment measurement, and valuation
  3. calculate product-line profitability, business unit profitability, and customer profitability
  4. evaluate customers and products on the basis of profitability and recommend ways to improve profitability and/or drop unprofitable customers and products
  5. define and calculate return on investment (ROI)
  6. analyze and interpret ROI calculations
  7. define and calculate residual income (RI)
  8. analyze and interpret RI calculations
  9. compare and contrast the benefits and limitations of ROI and RI as measures of performance
  10. explain how revenue and expense recognition policies may affect the measurement of income and reduce comparability among business units
  11. explain how inventory measurement policies, joint asset sharing, and overall asset measurement policies may affect the measurement of investment and reduce comparability among business units
  12. define key performance indicators (KPIs) and discuss the importance of these indicators in evaluating a firm
  13. define the concept of a balanced scorecard and identify its components
  14. identify and describe the perspectives of a balanced scorecard, including financial, customer, internal processes, and learning and growth
  15. identify and describe the characteristics of successful implementation and use of a balanced scorecard
  16. demonstrate an understanding of a strategy map and the role it plays
  17. analyze and interpret a balanced scorecard and evaluate performance on the basis of the analysis
  18. recommend performance measures and a periodic reporting methodology given operational goals and actual results

受験者は次のことができるようになっていること

  1. なぜ業績評価指標が直接的に戦略目標や業務目的にひもづいているべきなのか、なぜタイムリーなフィードバックが重要なのか、なぜ業績評価指標は評価要素が導かれる行動(コストドライバー、レベニュードライバーなど)に直接ひもづけられないといけないか、について説明する
  2. コストの測定と配賦、投資意思決定基準、採算評価を含め、製品の収益性・事業収益性・顧客別収益性を左右する論点について説明する
  3. 製品別採算、事業別採算、顧客別採算を計算する
  4. 収益性の面から顧客と商品を評価し、収益性を改善したり、採算性の悪い顧客や商品を廃止したりする方法を推奨する
  5. 投資利益率(ROI)を定義・計算する
  6. 投資利益率(ROI)の計算結果を分析・解釈する
  7. 残余利益(RI)を定義・計算する
  8. 残余利益(RI)の計算結果を分析・解釈する
  9. 業績評価指標としての投資利益率(ROI)と残余利益(RI)の利得と限界を比較して明らかにする
  10. 収益認識基準・費用認識基準がどのように収益に関する業績評価に影響し、評価対象となる事業ユニット間の比較可能性を損なうのかを説明する
  11. 在庫評価基準、共用資産、本社資産の評価基準がどのように投資評価基準に影響し、評価対象となる事業ユニット間の比較可能性を損なうのかを説明する
  12. 重要業績評価指標(KPI)を定義し、会社を評価する際、これらの指標の重要性について論じる
  13. バランスト・スコアカードのコンセプトを定義し、その構成要素を明らかにする
  14. バランスト・スコアカードの4つの視点、財務・顧客・内部プロセス・学習と成長について明らかにして説明する
  15. バランスト・スコアカードの導入・活用における成功要件について明らかにして説明する
  16. 戦略マップとその役割に対する理解を示す
  17. バランスト・スコアカードを分析・解釈し、その分析に基づいて業績評価を行う
  18. 与えられた業務目的と実績に対して、相応しい業績評価指標と定期的な業績報告の手法について推奨する

コメント