学習成果説明書 Part 1 Section B 予算の編成・計画

学習成果説明書 Part 1 Section B 予算の編成・計画受験情報

Learning Outcome Statements 学習成果説明書

米国公認管理会計士(USCMA)の試験を受験にするにあたり、シラバスが用意されています。試験範囲のそれぞれのセクションごとに、マスターすべき内容とその達成水準が具体的に示されています。

Learning Outcome Statements として、IMAのホームページからダウンロードすることができます。

https://www.imanet.org/cma-certification/taking-the-exam?ssopc=1

上記ページの右下に「Click Here for the Learning Outcome Statements」のリンクがあり、ここからダウンロード(PDF)することができます。

初めて受験にチャレンジする方、最初はちょっと英語はどうもとっつきにくくて、とお感じの方向けに、非公式ながら、日本語訳をつけてみました。

下記英文は、全て「Effective January 1, 2020」版からセクションごとにそのまま抜粋しています。

Section B. Planning, Budgeting, and Forecasting 予算の編成・計画

Section B.1. Strategic planning 戦略計画

The candidate should be able to:

  1. discuss how strategic planning determines the path an organization chooses for attaining its long-term goals, visions, and mission, and distinguish between vision and mission
  2. identify the time frame appropriate for a strategic plan
  3. identify the external factors that should be analyzed during the strategic planning process and understand how this analysis leads to recognition of organizational opportunities, limitations, and threats
  4. identify the internal factors that should be analyzed during the strategic planning process and explain how this analysis leads to recognition of organizational strengths, weaknesses, and competitive advantages
  5. demonstrate an understanding of how the mission leads to the formulation of long-term business objectives such as business diversification, the addition or deletion of product lines, or the penetration of new markets
  6. explain why short-term objectives, tactics for achieving these objectives, and operational planning (master budget) must be congruent with the strategic plan and contribute to the achievement of long-term strategic plan
  7. identify the characteristics of successful strategic plans
  8. describe Porter’s generic strategies, including cost leadership, differentiation, and focus
  9. demonstrate an understanding of the following planning tools and techniques: SWOT analysis, Porter’s 5 forces, situational analysis, PEST analysis, scenario planning, competitive analysis, contingency planning, and the BCG Growth-Share Matrix

受験者は次のことができるようになっていること

  1. 長期的なゴール、ビジョン、ミッションを獲得するために、組織が採るべき道を戦略計画がどのようにして決めるのかを論じ、ビジョンとミッションの違いを見極める
  2. 戦略計画に適切な時間軸を明らかにする
  3. 戦略計画プロセスにおいて、分析されるべき外部要因を明らかにし、この分析が組織の機会、限界、脅威に対する認識をどのように導くのかを理解する
  4. 戦略計画プロセスにおいて、分析されるべき内部要因を明らかにし、この分析が組織の強み、弱み、競争優位に対する認識をどのように導くのかを理解する
  5. 事業多角化、製品ラインの追加と廃止、新市場への進出のような長期の事業目的の形成をどのようにしてミッションが導くのかを示す
  6. なぜ、短期目標、これらの目的を達成するための戦術、業務的計画(マスタ予算)が戦略計画と一致しなければならないか、そして、長期の戦略的ゴールの達成に貢献しなければならないかを説明する
  7. 成功する戦略計画の特徴を明確にする
  8. コストリーダーシップ、差別化、集中といったポーターの一般的な戦略を説明する
  9. 以下の計画手法やテクニックの理解を示す。SWOT分析、ポーターの5フォース分析、現状分析、PEST分析、シナリオプランニング、競合分析、コンティンジェンシープラン、BCG成長・シェア・マトリックス

Section B.2. Budgeting concepts 予算概念

The candidate should be able to:

  1. describe the role that budgeting plays in the overall planning and performance evaluation process of an organization
  2. explain the interrelationships between economic conditions, industry situation, and a firm’s plans and budgets
  3. identify the role that budgeting plays in formulating short-term objectives and planning and controlling operations to meet those objectives
  4. demonstrate an understanding of the role that budgets play in measuring performance against established goals
  5. identify the characteristics that define successful budgeting processes
  6. explain how the budgeting process facilitates communication among organization units and enhances coordination of organizational activities
  7. describe the concept of a controllable cost as it relates to both budgeting and performance evaluation
  8. explain how the efficient allocation of organizational resources are planned during the budgeting process
  9. identify the appropriate time frame for various types of budgets
  10. identify who should participate in the budgeting process for optimum success
  11. describe the role of top management in successful budgeting
  12. demonstrate an understanding of the use of cost standards in budgeting
  13. differentiate between ideal (theoretical) standards and currently attainable (practical) standards
  14. differentiate between authoritative standards and participative standards
  15. identify the steps to be taken in developing standards for both direct material and direct labor
  16. demonstrate an understanding of the techniques that are used to develop standards such as activity analysis and the use of historical data
  17. discuss the importance of a policy that allows budget revisions that accommodate the impact of significant changes in budget assumptions
  18. explain the role of budgets in monitoring and controlling expenditures to meet strategic objectives
  19. define budgetary slack and discuss its impact on goal congruence

受験者は次のことができるようになっていること

  1. 予算と組織の業績評価プロセス全体における予算策定が果たす役割を説明する
  2. 経済環境、業界動向、計画・予算の関係を説明する
  3. 短期目的の設定と計画立案とそれらの目的を果たすための業務統制において、予算策定が果たす役割を明らかにする
  4. ゴールの達成に向けた業績評価において、予算策定が果たす役割に関する理解を示す
  5. 成功する予算策定プロセスの特徴を明らかにする
  6. 予算策定プロセスがどのように組織ユニット間のコミュニケーションを機能させ、組織内活動同士の調整を強化するのかを説明する
  7. 予算策定と業績評価に関係する管理可能費の概念を説明する
  8. 予算策定期間中に、どのように経営資源の効率的配分がなされるのかを説明する
  9. 様々な種類の予算に対する適切な時間軸を示す
  10. 予算策定プロセスの最適化のために誰が予算策定に参加すべきかを示す
  11. 成功する予算策定のためのトップマネジメントの役割を説明する
  12. 予算策定に標準原価を利用することに対する理解度を示す
  13. 理想(理論的)標準原価と現状達成可能な(現実的)標準原価を区別する
  14. 上からの標準原価と積上げの標準原価を区別する
  15. 直接材料費と直接労務費の標準原価を導くための手順を明らかにする
  16. 活動分析と実際原価を活用した標準原価を導くためのテクニックに関する理解を示す
  17. 予算立案における重要な想定変更を反映するために、予算の見直しを認める方針の重要性を論じる
  18. 戦略目標を達成するための費用執行のモニタリングと統制における予算の役割について説明する
  19. 予算スラックを定義し、予算スラックのゴールの整合性に対するインパクトを論じる

Section B.3. Forecasting techniques 業績予想のテクニック

The candidate should be able to:

  1. demonstrate an understanding of a simple regression equation
  2. define a multiple regression equation and recognize when multiple regression is an appropriate tool to use for forecasting
  3. calculate the result of a simple regression equation
  4. demonstrate an understanding of learning curve analysis
  5. calculate the results under a cumulative average-time learning model
  6. list the benefits and shortcomings of regression analysis and learning curve analysis
  7. calculate the expected value of random valuables
  8. identify the benefits and shortcomings of expected value techniques
  9. use probability values to estimate future cash flows

受験者は次のことができるようになっていること

  1. 一次回帰式(単回帰式)に関する理解を示す
  2. 重回帰式を定義し、重回帰を業績予想に使用することが最適なケースについて認識する
  3. 一次回帰式(単回帰式)の結果を計算する
  4. 学習曲線分析に対する理解を示す
  5. 累積平均学習時間モデルの結果を計算する
  6. 回帰分析と学習曲線分析の利点と欠点を列挙する
  7. ランダム変数の期待値を計算する
  8. 期待値の計算テクニックに関する利点と欠点を示す
  9. 将来キャッシュフローを予測するのに確率値を用いる

Section B.4. Budgeting methodologies 予算策定の方法論

For each of the budgeting systems identified (annual/master budgets, project budgeting, activity-based budgeting, zero-based budgeting, continuous (rolling) budgets, and flexible budgeting), the candidate should be able to:

  1. define its purpose, appropriate use, and time frame
  2. identify the budget components and explain the interrelationships among the components
  3. demonstrate an understanding of how the budget is developed
  4. compare and contrast the benefits and limitations of the budget system
  5. evaluate a business situation and recommend the appropriate budget solution
  6. prepare budgets on the basis of information presented
  7. calculate the impact of incremental changes to budgets

それぞれの予算システム(年度予算/マスタ予算、プロジェクト予算、活動基準予算、ゼロベース予算、ローリング予算、変動予算)に対して、受験者は次のことができるようになっていること

  1. 目的、適切な使用法、時間軸を定義する
  2. 予算の構成要素を明らかにし、構成要素間の関係性を説明する
  3. どのように予算が策定されるかに対する理解を示す
  4. 予算システムの利点と限界を対比する
  5. 事業環境を評価し、最適な予算策定方法を推奨する
  6. 提示された情報をベースに予算策定を行う
  7. 増分予算における逐次的変化(増分)のインパクトを計算する

Section B.5. Annual profit plan and supporting schedules 年度利益計画と資産・負債明細

The candidate should be able to:

  1. explain the role of the sales budget in the development of an annual profit plan
  2. identify the factors that should be considered when preparing a sales forecast
  3. identify the components of a sales budget and prepare a sales budget
  4. explain the relationship between the sales budget and the production budget
  5. identify the role that inventory levels play in the preparation of a production budget and define other factors that should be considered when preparing a production budget
  6. prepare a production budget
  7. demonstrate an understanding of the relationship between the direct materials budget, the direct labor budget, and the production budget
  8. explain how inventory levels and procurement policies affect the direct material budget
  9. prepare direct materials and direct labor budgets based on relevant information and evaluate the feasibility of achieving production goals on the basis of these budgets
  10. demonstrate an understanding of the relationship between the overhead budget and the production budget
  11. separate costs into their fixed and variable components
  12. prepare an overhead budget
  13. identify the components of the cost of goods sold budget and prepare a cost of goods sold budget
  14. demonstrate an understanding of contribution margin per unit and total contribution margin, identify the appropriate use of these concepts, and calculate both unit and total contribution margin
  15. identify the components of the selling and administrative expense budget
  16. explain how specific components of the selling and administrative expense budget may affect the contribution margin
  17. prepare an operational (operational) budget
  18. prepare a capital expenditure budget
  19. demonstrate an understanding of the relationship between the capital expenditure budget, the cash budget, and the pro forma financial statements
  20. define the purposes of the cash budget and describe the relationship between the cash budget and all other budgets
  21. demonstrate an understanding of the relationship between credit policies and purchasing (payables) policies and the cash budget
  22. prepare a cash budget

受験者は次のことができるようになっていること

  1. 年度利益計画の策定において、売上予算を役割を説明する
  2. 売上予測を行う際に考慮されるべき要素を明らかにする
  3. 売上予算の構成要素を明らかにし、売上予算を作成する
  4. 売上予算と製造予算の関係を説明する
  5. 製造予算の策定における在庫水準の果たす役割を明らかにし、製造予算の策定時に考慮されるべきその他の要素を定義する
  6. 製造予算を策定する
  7. 直接材料費予算、直接労務費予算、製造予算の関係に対する理解を示す
  8. 在庫水準と調達方針が直接材料費予算にどのように影響するのかを説明する
  9. 関連情報に基づいて直接材料費予算と直接労務費予算を策定し、これらの予算をベースにした生産目標の達成の適合性を評価する
  10. 製造間接費予算と製造予算の関係に対する理解を示す
  11. 固定費要素と変動費要素を区別する
  12. 製造間接費予算を策定する
  13. 売上原価予算の構成要素を明らかにし、売上原価予算を策定する
  14. 単位当たり貢献利益と総貢献利益に対する理解を示し、これらの概念を適切に使用する方法を明らかにし、単位当たり貢献利益と総貢献利益を計算する
  15. 販売費及び一般管理費予算の構成要素を明らかにする
  16. 販管費及び一般管理費予算の特定項目が貢献利益にどのように影響するか説明する
  17. 業務予算(損益予算)を策定する
  18. 資本支出予算を策定する
  19. 資本支出予算と資金予算、プロフォーマ財務諸表の関係に対する理解を示す
  20. 資金予算の目的を定義し、資金予算とその他の予算との関係を説明する
  21. 与信管理方針と調達方針と資金予算の関係に対する理解を示す
  22. 資金予算を策定する

Section B.6. Top-level planning and analysis トップレベルの計画と分析

The candidate should be able to:

  1. define the purpose of a pro forma income statement, a pro forma balance sheet, and a pro forma statement of cash flows, and demonstrate an understanding of the relationship among these statements and all other budgets
  2. prepare pro forma income statements based on several revenue and cost assumptions
  3. evaluate whether a company has achieved strategic objectives based on pro forma income statements
  4. use financial projections to prepare a pro forma balance sheet and a pro forma statement of cash flows
  5. identify the factors required to prepare medium- and long-term cash forecasts
  6. use financial projections to determine required outside financing and dividend policy

受験者は次のことができるようになっていること

  1. プロフォーマ損益計算書、プロフォーマ貸借対照表、プロフォーマ・キャッシュフロー計算書の目的を定義し、それらの財務諸表と全ての予算との関係に対する理解を示す
  2. 様々な収益とコストの想定に基づいたプロフォーマ損益計算書を作成する
  3. 会社がプロフォーマ損益計算書に基づいた戦略目標を達成できたかどうかを評価する
  4. プロフォーマ貸借対照表とプロフォーマ・キャッシュフロー計算書を作成するために、財務計画を用いる
  5. プロフォーマ中期/長期資金予測を作成するために必要な項目を明らかにする
  6. 必要とされる外部資金調達計画と配当政策を決めるために財務計画を用いる

コメント