学習成果説明書 Part 2 Section F 倫理

学習成果説明書 Part 2 Section F 倫理受験情報

Learning Outcome Statements 学習成果説明書

米国公認管理会計士(USCMA)の試験を受験にするにあたり、シラバスが用意されています。試験範囲のそれぞれのセクションごとに、マスターすべき内容とその達成水準が具体的に示されています。

Learning Outcome Statements として、IMAのホームページからダウンロードすることができます。

https://www.imanet.org/cma-certification/taking-the-exam?ssopc=1

上記ページの右下に「Click Here for the Learning Outcome Statements」のリンクがあり、ここからダウンロード(PDF)することができます。

初めて受験にチャレンジする方、最初はちょっと英語はどうもとっつきにくくて、とお感じの方向けに、非公式ながら、日本語訳をつけてみました。

下記英文は、全て「Effective January 1, 2020」版からセクションごとにそのまま抜粋しています。

Section F. Professional Ethics 倫理

Section F.1. Business ethics 企業倫理

The candidate should be able to:

  1. define business ethics
  2. analyze the concepts of morality and virtue
  3. define moral philosophy
  4. demonstrate an understanding of the following moral philosophies and concepts used in making business decisions: teleology, utilitarianism, deontology, relativism, virtue ethics, and justice
  5. define the concepts of fairness, integrity, due diligence, and fiduciary responsibility, and how they impact ethical decision making

受験者は次のことができるようになっていること

  1. 企業倫理を定義する
  2. 道徳と美徳の概念を分析する
  3. 道徳哲学を定義する
  4. 以下に挙げる道徳哲学と概念が企業における意思決定に用いられることに対する理解を示す。目的論、功利主義、義務論、相対主義、徳倫理学、正議論
  5. 公正、誠実、当然に実施すべき注意義務(デューデリジェンス)、受託者責任という概念を定義し、それらが倫理的な意思決定にどのように影響を与えるのかを説明する

Section F.2. Ethical considerations for management accounting and financial management professional 管理会計と財務管理における職業倫理

Using the standards outlined in IMA’s Statement of Ethics Professional Practice, the candidate should be able to:

  1. identify and describe the four overarching ethical principles and the four standards
  2. evaluate a given business situation for its ethical implications
  3. identify and describe relevant standards that may have been violated in a given business situation and explain why the specific standards are applicable
  4. recommend a course of action for management accountants to take when confronted with an ethical dilemma in the business environment
  5. evaluate and propose resolutions for ethical issues such as fraudulent reporting, or improper manipulation of forecasts, analyses, results, and budgets

受験者は、IMAのプロフェッショナルとしての倫理的な行動原理を用いて、次のことができるようになっていること

  1. 4つの包括的な倫理原則と4つの基準を明らかにして説明する
  2. 倫理的含意に対して与えらえた事業状況を評価する
  3. 与件とされる事業状況において、関連する原則が破られる可能性について明らかにして説明し、個々の原則がなぜその事業状況に適用され得るのかを説明する
  4. 事業環境の中で倫理的なジレンマに直面した際に、管理会計士としての最良の行動の選択を推奨する
  5. 詐欺的なレポートや不適切な操作がなされた予測、分析、実績値や予算といった倫理的な問題に対する解決策を評価して提示する

Using the fraud triangle model, the candidate should be able to:

  1. identify the three components of the triangle
  2. use the model to explain how a management accounting and financial management professional can identify and manage the risk of fraud

受験者は、不正のトライアングルモデルを用いて、次のことができるようになっていること

  1. 不正のトライアングルモデルを構成する3要素を明らかにする
  2. 不正のトライアングルモデルを使って、管理会計と財務管理のプロフェッショナルとして、不正に対するリスク管理をどうやって実施できるようになるのかを説明する

Section F.3. Ethical considerations for the organization 組織における倫理への配慮

The candidate should be able to:

  1. discuss the issues organizations face in applying their values and ethical standards internationally
  2. demonstrate an understanding of the relationship between ethics and internal controls
  3. define corporate culture and demonstrate an understanding of the role corporate culture plays in ethical decision making
  4. demonstrate an understanding of the importance of a code of conduct and how it contributes to an organization’s ethical culture
  5. demonstrate an understanding of the ways ethical values benefits an organization
  6. analyze the impact of groupthink on ethical behavior
  7. discuss how diversity of thought can lead to good ethical decisions
  8. apply relevant provisions of IMA’s Statement on Management Accounting, “Values and Ethics: From Inception to Practice,” to a business situation
  9. demonstrate an understanding of the role of “leadership by example” or “tone at the top” in determining an organization’s ethical environment
  10. define ethical leadership and identify and explain the traits of ethical leaders
  11. explain the importance of human capital to an organization in creating a climate where “doing the right thing” is expected (e.g., hiring the right people, providing them with training, and practicing consistent values-based leadership)
  12. explain the importance of an organization’s core values and how they promote ethical behavior and ethical decision making
  13. discuss the importance of employee training to maintaining an ethical organizational culture
  14. explain the importance of a whistleblowing framework to maintain an ethical organizational culture
  15. demonstrate an understanding of the differences between ethical and legal behavior
  16. identify the purpose of anti-bribery laws, such as the U.S. Foreign Corrupt Practices Act and the U.K. Bribery Act
  17. define facilitating payments and why these payments create both ethical and legal issues
  18. discuss corporate responsibility for ethical conduct
  19. define and demonstrate an understanding of the major issues of sustainability and social responsibility
  20. identify and define the four levels of social responsibility: economic, legal, ethical, and philanthropic

受験者は次のことができるようになっていること

  1. 企業価値と倫理基準を国際的な視点で適用する際に、企業が直面する問題について論じる
  2. 倫理と内部統制の関係について理解していることを示す
  3. 企業カルチャーとはを定義し、倫理的な意思決定の際に、企業カルチャーが果たす役割に対する理解を示す
  4. 行動原則の重要性と、企業の倫理的カルチャーに対して、行動原則がどのように貢献するのかを理解していることを示す
  5. 企業に倫理的な価値が利点を与える方法を理解していることを示す
  6. 集団思考の影響が倫理的行動に与える影響を分析する
  7. 思考の多様性が良好な倫理的意思決定をどうやって導くことができるのかを論じる
  8. IMAの管理会計に関する宣言、”価値と倫理、基礎から実践まで” から、関連する条項を事業状況に適用する
  9. 企業の倫理的環境を決定づける ”例示によるリーダーシップ”、”経営トップの気質” が果たす役割に対する理解を示す
  10. 倫理的なリーダーシップを定義し、倫理的なリーダーの特性を説明する
  11. ”正しいことを行う” ことが期待されている環境を形作ることができる組織にとって、人的資本が重要であることを説明する(例:適切な人材を採用する、従業員教育を施す、一貫性を持った価値観に基づいたリーダーシップを実践する)
  12. 組織のコアバリューの重要性と、コアバリューがどうやって倫理的行動や倫理的な意思決定を促すのかを説明する
  13. 倫理的な組織風土を維持するための従業員教育の重要性を論じる
  14. 倫理的な組織風土を維持するための内部通報制度の重要性を説明する
  15. 倫理的な行動と合法的な行動の違いを理解していることを示す
  16. 米国海外腐敗行為防止法と英国海外腐敗行為防止法における海外贈収賄防止法の目的を明らかにする
  17. 円滑化のための支払を定義し、なぜこれらの支払が倫理的かつ法律的に問題となるのかを説明する
  18. 倫理的な行動規範のための企業責任を論じる
  19. 持続可能性や社会的責任に関する主要な論点を定義し、これらに対する理解を示す
  20. 社会的責任の4つのレベルを明らかにして定義する。経済的レベル、法律的レベル、倫理的レベル、慈善活動レベル

コメント