学習成果説明書 Part 2 Section D リスクマネジメント

学習成果説明書 Part 2 Section D リスクマネジメント受験情報

Learning Outcome Statements 学習成果説明書

米国公認管理会計士(USCMA)の試験を受験にするにあたり、シラバスが用意されています。試験範囲のそれぞれのセクションごとに、マスターすべき内容とその達成水準が具体的に示されています。

Learning Outcome Statements として、IMAのホームページからダウンロードすることができます。

https://www.imanet.org/cma-certification/taking-the-exam?ssopc=1

上記ページの右下に「Click Here for the Learning Outcome Statements」のリンクがあり、ここからダウンロード(PDF)することができます。

初めて受験にチャレンジする方、最初はちょっと英語はどうもとっつきにくくて、とお感じの方向けに、非公式ながら、日本語訳をつけてみました。

下記英文は、全て「Effective January 1, 2020」版からセクションごとにそのまま抜粋しています。

Section D. Risk Management リスクマネジメント

Section D.1. Enterprise risk 企業リスク

The candidate should be able to:

  1. identify and explain the different types of risk, including business risk, hazard risk, financial risks, operational risks, and strategic risks
  2. demonstrate an understanding of operational risk
  3. define legal risk, compliance risk, and political risk
  4. demonstrate an understanding of how volatility and time impact risk
  5. define the concept of capital adequacy; i.e., solvency, liquidity, reserves, sufficient capital, etc.
  6. explain the use of probabilities in determining exposure to risk and calculate expected loss given a set of probabilities
  7. define the concepts of unexpected loss and maximum possible less (extreme or catastrophic loss)
  8. identify strategies for risk response (or treatment), including actions to avoid, retain, reduce (mitigate), transfer (share), and exploit (accept) risks
  9. define risk transfer (e.g., purchasing insurance, issuing debt)
  10. demonstrate an understanding of the concept of residual risk and distinguish it from inherent risk
  11. identify and explain the benefits of risk management
  12. identify and describe the key steps in the risk management process
  13. explain how attitude toward risk might affect the management of risk
  14. demonstrate a general understanding of the use of liability/hazard insurance to mitigate risk (detailed knowledge not required)
  15. identify methods of management operational risk
  16. identify and explain financial risk management methods
  17. identify and explain qualitative risk assessment tools including risk identification, risk ranking, and risk maps
  18. identify and explain quantitative risk assessment tools including cash flow at risk, earnings at risk, earnings distributions, and earnings per share (EPS) distributions
  19. identify and explain Value at Risk (VaR) (calculations not required)
  20. define enterprise risk management (ERM) and identify and describe key objectives, components, and benefits of an ERM program
  21. identify event identification techniques and provide examples of event identification within the context of an ERM approach
  22. explain how ERM practices are integrated with corporate governance, risk analytics, portfolio management, performance management, and internal control practices
  23. evaluate scenarios and recommend risk mitigation strategies
  24. prepare a cost-benefit analysis and demonstrate an understanding of its uses in risk assessment and decision making
  25. demonstrate an understanding of the COSO Enterprise Risk Management – Integrated Framework (2017)

受験者は次のことができるようになっていること

  1. 様々な種類のリスク、ビジネスリスク、ハザードリスク(危険リスク、保険で備えるリスク)、金融リスク、業務リスク(オペレーショナルリスク)、戦略リスクなどを説明する
  2. 業務リスク(オペレーショナルリスク)を理解していることを示す
  3. リーガルリスク(法的リスク)、コンプライアンスリスク(法令順守におけるリスク)、政治リスクを定義する
  4. ボラティリティ(変動性)と時間経過がリスクに与えるインパクトを理解していることを示す
  5. 資本の充実性、支払能力、流動性、準備金、十分な資本的余裕度などの概念を定義する
  6. リスクエクスポージャー(リスクにさらされている度合い)を決定する際に発生可能性を活用することを説明し、与件とされる発生可能性からもたらされる期待損失を計算する
  7. 想定外損失、発生し得る最大損失(最大損失、異常災害損失)といった概念を定義する
  8. リスク回避策、リスク許容、リスク低減、リスク移転、リスクの逆利用など、リスク対応に対する戦略を明確にする
  9. リスク移転(保険の購入、債券の発行など)を定義する
  10. 残余リスクの概念を理解していることを示し、固有リスクとの違いを明らかにする
  11. リスクマネジメントの利点を明らかにして説明する
  12. リスクマネジメントの重要な手順を説明する
  13. リスクへの対応方針がリスク管理に与える影響度合いを説明する
  14. リスクから生じる損失を減ずる災害保険(負債)の活用について一般的な理解をしているかを示す。(詳細な知識は必要としない)
  15. 業務リスク(オペレーショナルリスク)の管理方法を明らかにする
  16. 金融リスクの管理方法を説明する
  17. リスクの発見、リスクの順位付け、リスクマップなど、定性的なリスクアセスメントを説明する
  18. キャッシュフローリスク、利益リスク、利益分布、EPSの分布など、定量的なリスクアセスメントを説明する
  19. 予想最大損失額(VaR)を説明する(計算は必要なし)
  20. 企業リスク管理(ERM)を定義し、ERMに含まれる重要な目的、構成要素、利点を説明する
  21. (リスクを発生させる)イベントを発見する方法を明らかにし、ERMにおけるアプローチに沿って、イベント発見の具体例を示す
  22. ERMの実践が、どのようにして、コーポレートガバナンス、リスク分析、ポートフォリオ管理、業績管理、内部統制上の活動と統合されているかを説明する
  23. リスク低減策とリスク低減シナリオを評価して最良のものを推奨する
  24. 費用便益分析を行い、費用便益分析がリスクアセスメントと意思決定にどのように用いられるかを理解していることを示す
  25. COSO企業リスク管理の統合的フレームワーク(2017年)に対する理解を示す

コメント